ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

モトリー・クルー!おすすめの名曲はこちら!!!

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

ハリネズミです

 

 

今回は「永遠のバッドボーイズ」

 

 

モトリー・クルーのお話です!👎

 

 

   目次

 

 

モトリー・クルーとは?

 

 

モトリー・クルーは

 

 

1980年代から活動している

 

 

アメリカのバンドで

 

 

ニッキー・シックス(リーダー、ベース、ヤク中)

 

ヴィンス・ニール(喧嘩屋、ボーカル、実刑判決)

 

トミー・リー(Tバック、回転ドラム、DVで投獄)

 

ミック・マーズ(ギター、あだ名 ”食人鬼” )

 

 

の4人の悪い人たちで

(ファンなのであえてこう言います!)

 

 

1981年

 

 

ロサンゼルスで結成されました!👎

 

 

リーダーのニッキー・シックスは若いころ

 

 

いろいろな会社に電球の交換に行き

 

 

その先々で使い古しの蛍光灯に交換してくるという…💧

 

 

今だったら速攻で捕まりそうな仕事を生業にしながら

 

 

ロサンゼルスのロックシーンで

 

 

メンバーを探しをしていたそうです…💧

 

 

彼らはいわゆる「ヘヴィ・メタル」と呼ばれる

 

f:id:sleepyho:20200421174912j:plain

 

 

黒皮ニッケル鋲をこよなく愛する💗

 

 

激しい音楽を生業とする人たちで

 

 

1980年代のロサンゼルスでは他にも

 

 

「クワイエット・ライオット」「ラット」「ドッケン」「ポイズン」

 

 

などのバンドが※跋扈跳梁していたことから

(※ばっこちょうりょう、悪人が我が物顔にのさばる様を言う…💧)

 

 

彼らのこの頃の活躍?を

 

 

LAメタルと呼んだりもしますね!

 

 

ちなみに「ガンズアンドローゼズ」も

 

 

このムーブメントの人たちから発生したバンドです!

 

 

そんなモトリー・クルーの魅力は

 

 

世間から「ろくでなし」認定を受けた不良少年が

 

クソくらえ精神で

 

スターダムにのし上がり世間を見返す!

 

ざまあみろ!👎

 

って感じのロックンロールライフもさることながら

 

 

音楽的にも

 

 

ヘヴィメタの攻撃的な激しさはもちろんのこと

 

ブルースフィーリングあふれるクールな音楽性

 

美しいバラードなど

 

 

その多様な音楽性がほかのヘヴィメタバンドとは

 

 

一線を画していました!(*´▽`*)

(2020年現在も活動中です!<(_ _)>)

 

 

めちゃくちゃカッコいいんですよ!(=゚ω゚)ノ

 

 

今回はそんな彼らの

 

 

おすすめの名曲をご紹介します!

 

 

それではいきましょう!

 

 

1st「Too Fast For Love」

 

 

1982年発表

 

 

前年に作られた自主製作アルバムをリマスターした

 

 

彼らのデビューアルバムです!

 

 

曲はこちら!

 

 

Live Wire

 (91年のリミックスバージョンでどうぞ!)

 

 

俺はお前のライヴ・ワイアー!<(`^´)>

 

 

アルバムの邦題「華麗なる激情」はこの曲のイメージなのか?

 

 

「燃える魂」を「電流ワイヤー」に例えたこの曲

 

 

激しくて重い音!

 

疾走するリズム!

 

ヴィンスのシャウト!

 

 

カッコいいですよね!(*´▽`*)

 

 

この頃のロックシーンでは

 

 

何故か「※カウベル」という打楽器が流行っていました

(※コンコンコンって鳴る打楽器)

 

 

ベースの4弦のみ下げてチューニングしなければならないというのが

 

 

楽器を1本しか持っていない学生泣かせの曲でもありました…💧

 

 

次です!

 

 

2nd「Shout At The Devil」

 

 

1983年発表

 

 

怖くて泣いてしまいそうなタイトルです…💧

 

 

ご紹介する曲以外にもいい曲がたくさん入っている名盤ですよ!

 

 

曲はこちら!

 

 

Red Hot

(ライヴバージョンでどうぞ!)

 

 

悪魔に向かって叫ぶ…

 

ショットガン…

 

殺しのライセンス…

 

Red Hot!

燃えるぜ!

 

 

怖いっすよー(T_T)

 

 

いやいやヘヴィメタですね…

 

 

お次!

 

 

3rd「Theatre Of Pain」

 

 

1985年発表

 

 

相変わらず不健康な

 

 

ロックンロールライフの真っ最中に制作されたこのアルバム

 

 

全米6位を獲得し

 

 

ジワジワとチャートを上昇していきます!

 

 

曲はこちら!

 

 

Home Sweet Home

(リミックスバージョンでどうぞ!)

 

 

美しいバラード…

 

 

野獣のようなドラマー

 

 

トミー・リーがなんとピアノを弾いています!(=゚ω゚)ノ

 

 

オリジナルではエレピだったのを生ピアノにしたことで

 

 

より荘厳な仕上がりになっています!

 

 

モトリー・クルーのバラードと言えば

 

 

この「Home Sweet Home」をいちばんに挙げる人も多いのではないでしょうか?

 

 

彼らの代表バラードです!

 

 

わたしの大好物

 

 

「ギターソロなのに和音が入ってる」という

 

 

ミック・マーズの長めにとったギターソロもカッコイイです!(*´▽`*)

 

 

最後のヴィンスの

 

 

「Home Sweet Home~♬」が終わった後に

 

 

「Mr.Big」の「Just Take My Heart」のサビが流れてくるのは私だけでしょうか?(`・ω・´)

 

 

ちょっと似てるんですよね!

 

 

ヘヴィメタだけじゃない!

 

 

美しい曲も書ける!

 

 

このあたりのセンスが

 

 

彼らがのちに全米No1に上り詰める所以なのではないでしょうか?

 

 

 

次です!

 

 

4th「Girls Girls Girls」

 

 

1987年発表

 

 

チャートも2位まで上昇!

 

 

下剋上間近です!(=゚ω゚)ノ

 

 

Wild Side

(回転ドラムは2:06から!)

 

 

出ました!

 

 

188センチTバック男!

 

 

トミー・リーの360度回転ドラムセットです!(=゚ω゚)ノ

 

 

大真面目にこんなアホなこと堂々とやるセンス!

 

 

偉大なるばかやろーですね!(*´▽`*)

 

 

俺たちアウトロー(Wild Side)

 

 

はい。異論はございません…<(_ _)>

 

 

Girls Girls Girls

 

 

当時、性に目覚めたばかりの私は

 

 

だいぶこのビデオにお世話になりました!(*´▽`*)

 

 

原版の方がもっとエロかったですねー(`・ω・´)

 

 

ちょっとカットされてるみたいです…

 

 

ロック!

 

サングラス!

 

ハーレー!

 

キャバレー!

 

 

ザ・アメリカン・エンターテイメントな映像に仕上がってます!

 

 

ほんとアメリカのお色気って清々しいですよねー!(*^▽^*)

 

 

次です!

 

 

5th「Dr. Feelgood」

 

 

1989年発表

 

 

ついに全米No1を獲得!(=゚ω゚)ノ

 

 

「ろくでなし」の烙印を押した方々へ

 

 

引導を渡しました!!!

 

 

かっけー!\(^o^)/

 

 

下剋上完了です!

 

 

曲いきましょう!

 

 

Dr. Feelgood

 

 

イントロから彼らのヘヴィさ爆発です!\(^o^)/

 

 

五臓六腑に響き渡りますね!

 

 

医療で鎮痛剤として…

 

 

モルヒネなどを処方することがあるというのは有名な話ですが

 

 

ドクター・フィールグッドとは

 

 

こういう薬を処方してくれる医師のことを言います

 

 

同名のイギリスのバンドも存在しますね!

 

 

次です!

 

 

Kick Start My Heart

(ライヴバージョンでどうぞ!)

 

 

俺のハートをキックスタート!

 

 

ドライブによく合う

 

 

気分のアガるイケイケソングです!

 

 

Oh! Yeah!

 

 

 のところで叫びまくったな~(*´▽`*)

 

 

3:19から始まるギターが

 

 

短いんですけど

 

 

私的にはミック・マーズのベストギターソロです!(*´▽`*)

 

 

トークボックス!(声をギターに取り込む機械)

 

ピッキングハーモニクス!(叫んだような音が出る)

 

リズム!

 

 

完璧です!!!(*´▽`*)

 

 

なんでこんなアイデア思いつくんだろう…(`・ω・´)

 

 

このバージョンはライヴなので

 

 

ソロの時

 

 

後ろに伴奏のギターが入ってないんですけど…

 

 

それでこのヘヴィさってすごくないですか???(@_@)

 

 

 いやーカッコいいです!

 

 

ライヴで最高に盛り上がってました!(*´▽`*)

 

 

次です!

 

 

「Decade Of Decadence」

 

 

1991年発表

 

 

彼らの新曲入りのベストアルバムです!

 

 

「退化の10年」という人を食った名前のこのアルバムは…

 

 

全米2位を獲得!

 

 

レッド・ツェッペリンみたいでカッコいいですね!(*´▽`*)

 

 

その新曲がこちら!

 

 

Angela

 

 

ヘヴィメタなのに…

 

 

ポップでキャッチー!(*´▽`*)

 

 

こんなこと彼らにしかできないですね!

 

 

うん。いい曲です!

 

 

1992年以降のモトリー・クルー

 

 

1992年から現時点2020年まで

 

 

4枚のオリジナルアルバムをリリースしている彼らですが

 

 

残念ながら私的該当曲はありません!<(_ _)>

 

 

ちょっといろいろあったんですよね…

 

 

アルバム「ドクターフィールグッド」が全米No1を獲得し

 

 

栄華を極めたモトリー・クルー

 

 

そんな人気絶頂の1992年

 

 

ボーカルのヴィンス・ニールが突如クビに!(=゚ω゚)ノ

 

 

2代目ボーカリスト、ジョン・コラビが加入します!

 

 

解雇の理由はいろいろ憶測があるんですけど…

 

 

表向きの発表ではなんと…

 

 

ヴィンスの素行が悪かったから!( `ー´)ノ

 

 

いやいや、アンタら基本全員素行悪いんですけど…💧

 

 

本当の理由はどうも…

 

 

リーダーのニッキーが

 

 

90年代にロック界を席巻する

 

 

グランジ・オルタナブームの匂いを敏感に察知し

 

 

バンドの音楽性をそっちに寄せようとしたことに

 

 

ヴィンスが従わなかったから!<(`^´)>

 

 

というのがその理由だったそうです…💧

 

 

そんなこんなで1994年に発表されたニューアルバム

 

 

題名は何と「モトリー・クルー」でした!(=゚ω゚)ノ

 

 

ヴィンスが参加してないのはこのアルバムだけですので

 

 

なんとも皮肉ですね~

 

 

決して悪いアルバムではなく

 

 

グランジ・オルタナ系が好きな人には

 

 

とってもクールなアルバムです!

 

 

でもヴァン・ヘイレンと違って

 

 

やっぱりモトリー・クルーは

 

 

ヴィンスの声じゃなくちゃダメなんですよね~!(>_<)

 

 

「あ~あ😢」と思っていた1997年

 

 

ヴィンス・ニール復帰!\(^o^)/

 

 

「やったー」と思っていた1999年

 

 

今度はトミー・リー脱退!(=゚ω゚)ノ

 

 

2003年にはニッキーも新しいバンドを組んでしまい

 

 

事実上の解散となってしまったモトリー・クルー!(=゚ω゚)ノ

 

 

「うおー!もう無理かー😢」と思っていた2004年!

 

 

それぞれのメンバーがソロ活動にいそしみ

 

 

ミック・マーズ行方不明という状況の中

 

 

ハリウッドにある「Tenth Street Entertainment」という会社が

 

 

メンバーに話もしてないのに…

 

 

オリジナルメンバーでの復活ライヴを企画し勝手に宣伝!(=゚ω゚)ノ

 

 

紆余曲折を経て…

 

 

「Carnival Of Sins」と題されたワールドツアーが実現し大成功!

(このライヴがホントにすごい!(>_<) 後の記事で特集します!)

 

 

ファンには嬉しい大復活を遂げました!\(^o^)/

 

 

2008年にはオリジナルメンバーでの11年ぶりのアルバム

 

 

「セインツ・オブ・ロサンゼルス」を発表しグラミー賞にノミネートされるなど

 

 

順調に活動していましたが

 

 

2014年にラストツアーと活動停止を発表

 

 

その時に彼らは

 

 

今まで散々悪いことをしてきたが…

 

悪いことは…

 

いつか終わらせなければならない!<(`^´)>

 

 

と自らの生き様を

 

 

「悪いこと」だと豪語し

 

 

2015年のツアー終了をもって

 

 

彼らはモトリー・クルーの歴史に終止符を打ったのでした…😢

 

 

ラストツアーでファンをあれだけ盛り上げておきながら…

 

 

2019年、復活して現在も活動中です…笑

 

 

やっぱり根っからのワルモノなんですね!笑

 

 

「永遠のバッドボーイズ」ここにありです!

 

 

以上

 

 

モトリー・クルーのお話でした!

 

 

モトリー・クルーの音源購入法

 

 

曲のご紹介で

 

 

ちょくちょくリミックスやライヴバージョンをはさみましたが

 

 

そうなんです!

 

 

彼らのおすすめ音源は

 

 

ディケイド・オブ・デカダンス

(Decade Of Decadence)

 

 

というベスト盤です!

 

 

今回この記事でご紹介した音源が

 

 

全部入ってます!(=゚ω゚)ノ

 

 

さらに今回ご紹介できなかった他の名曲も

(スモーキンとかプライマルとかですね!)

 

 

しっかり入ってます!

 

 

こちらです!

 
 
2020年現在ダウンロード販売がされていなく
 
 
CD音源のみですが…
 
 
カッコいいバージョンが網羅されている音源となると…
(ほかのベストアルバムにはバージョン違いが収録)
 
 
絶対コレです!!!
 
 
中古なら激安ですよ!
 
 
ロックは品行方正じゃない…
 
 
ロックの本当の意味を
 
 
モトリー・クルーで体現してみませんか?
 
 
 
 
 
 
最後まで読んでいただいてありがとうございました!
 
 
次回もモトリー・クルーで続きます!
 
 
ではまた!
 
 
 
 
 
 
 
 
その他のモトリー・クルーの記事はこちら!
 
 
 
 
 
 
こんな記事も書いてます!
 

www.sleepyho.com

 

 

 

 

 

 

 

MENUはブログトップへ👆