ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

なるべく損をしないで確実にお金を増やそう!

 f:id:sleepyho:20210124002617j:plain

 

 

今、皆さんにはお金について不安や悩みがありますか?

 

 

ありますよね…

 

 

私もあります!笑

 

 

会社に就職すれば老後まで面倒を見てくれる終身雇用時代はとっくに終わりを告げ…

 

退職金も明らかに減少傾向…

 

年金制度崩壊の不安が明るみになってしまった老後2000万円問題など

 

現代を生きる私たちを取り巻くお金の問題はここのところ悪いニュースばかりです…💧

 

経済成長のなかった「失われた20年」と呼ばれる時を過ごすうちに時代は完全に変わってしまい…

 

私たちはなんと…

 

老後の面倒は自分で見なければいけない時代に突入してしまいました!(=゚ω゚)ノ

 

 

怒りを覚えると同時に悲しくもあるこの現実…

 

 

しかし…

 

 

変わってしまったものはしょうがない…

 

 

受け入れるしかありません…

 

 

そして…

 

 

解決しましょう!<(`^´)>

 

 

今回は

 

 

「なるべく損をしないで確実にお金を増やす」

 

 

その考え方と実際の方法についてお話します

 

 

 

 

 

さて

 

 

「お金を増やす方法」を実践していくには…

 

 

日々の生活の中で1万円でも2万円でも余剰金を作り出すことが最重要です!

(つまり貯金ができる環境を作り出すということですね!)

 

 

これをせずに行なってしまうと…

 

 

お金に対する不安や悩みが倍増し…

 

メンタルがやられ…

 

 

成功確率が格段に下がってしまいます!(=゚ω゚)ノ

 

 

現在、貯金を作り出す環境に不安や悩みがある方は

 

 

まずはこちらの記事を読んでいただけると幸いです<(_ _)>

 

www.sleepyho.com

 

 

今回のメニューはこちら!

 

 

   目次

 

 

預金はオワコン!(=゚ω゚)ノ

 

 

オワコンとは「終わったコンテンツ」のこと…

 

 

つまり先がないどころじゃない!

 

 

もうすでに機能していないモノということです!(=゚ω゚)ノ

 

 

1980年代から90年代にかけて

 

 

日本には「バブル」と呼ばれる好景気に湧いた時代がありました!

 

 

この時代の銀行預金の※金利は

(※預けておいたらどれくらい利子がもらえるのかというパーセンテージ)

 

 

平均して5%~8%

 

 

ちなみに金利6パーセントというと

 

 

10年銀行に預けていたら資産が2倍になる!(=゚ω゚)ノ

 

 

というパーセンテージでした!

 

 

倍ですよ!倍!(=゚ω゚)ノ

 

 

ちなみに現在の銀行預金の平均金利は…

 

 

なんと0.001%です!(=゚ω゚)ノ

 

 

低く見積もってもバブル期の…

 

 

5000倍下がっています!(=゚ω゚)ノ

 

 

金利0.001%というのは…

 

 

例えば10万円を…

 

10年預けたら10円もらえる!(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

ふざけんな!( `ー´)ノ

 

 

っていうレベルの金利です…💧

 

 

ちなみに

 

 

「日本はもう何年もデフレ脱却を目指している」

 

 

という言葉を聞いたことはありませんか?

 

 

「デフレ」の反対語は「インフレ」で

 

 

日本は国策として「インフレ」を目指しています

 

 

インフレとは※物価が上がることを意味するので

(※モノの値段が高くなること)

 

 

このまま銀行にあなたのお金を預けていることは…

 

 

このままあなたの財産が減ってゆくこと!

 

 

まったく同じ意味になります!(=゚ω゚)ノ

 

 

 つまり

 

 

銀行に預けておくのは…

 

 

安全じゃなくてもはや危険なんです!(=゚ω゚)ノ

 

 

 数千万と数億円の違い

 

 

むかしむかしあるところに

 

 

ある日本のサラリーマンの夫婦と

 

 

あるアメリカのサラリーマンの夫婦がいました

 

 

このどちらもいわゆる普通のサラリーマン夫婦が定年を迎え

 

 

その資産を比べたとき

 

 

日本の夫婦の資産は「数千万円」あり

(よく頑張りましたね!(>_<))

 

 

アメリカの夫婦の資産は「数億円」だった

(なんということだ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/) 

 

 

 という話があります

 

 

これはアメリカ夫婦の方が「異常な高給取り」だったとかそういう話ではありません

 

 

どちらも普通のサラリーマンの家庭であり

 

 

家庭環境もさほど違わない夫婦です

 

 

それなのになぜ資産に10倍もの差が出たのでしょうか?

 

 

「数千万円」と「数億円」ではおびただしい違いです!(=゚ω゚)ノ

 

 

この違いは

 

 

日本の夫婦は働いている間にその資産を

 

「銀行に預けていた!」のに対し

 

 

アメリカの夫婦はその資産を

 

「運用していた!」

 

 

ということから起こった違いでした

 

 

人類の英知!「長期積立分散投資」

 

 

先ほどの日本とアメリカの夫婦の資産が

 

 

結果的に「なぜ10倍もの差が出たのか?」という話は

 

 

アメリカの夫婦が彼らの資産を

 

 

「長期積立分散投資として運用していた」

 

 

という事実から起こったものでした

 

 

「長期積立分散投資」とは資産を

 

 

10年、20年、30年という長きにわたって(長期)

 

 毎月一定額を(積立)それを

 

世界中の資産に(分散)して

 

(投資)として運用することを言います

 

 

「投資」と聞くと…

 

 

「ギャンブルだ!(=゚ω゚)ノ」

 

「危険だ!(=゚ω゚)ノ」

 

 

と思う方がいるかもわかりません

 

 

確かに「投資」にはリスクが存在します

 

 

しかし「預金はオワコン!」の項で述べたように

 

 

「銀行に預けたお金が物価の上昇で価値が下がる」

 

「銀行が経営破綻でつぶれる」

 

 

というのも

 

 

立派なリスクです!(=゚ω゚)ノ

 

 

そもそも私たちが生きてゆくこの世界で

 

 

完全に安全なものって存在しませんよね?

 

 

生きてるだけでリスクはつきものなんです!

 

 

そういう世の中で

 

 

お金に関しては何をやっても

 

 

リスクはあるけれども

 

 

なるべくそれを少なくして

 

 

お金を増やせる確率を上げていこう!

 

 

という「人類の英知が生み出した投資法」がこの

 

 

「長期積立分散投資」というわけなんです

 

 

なぜか?

 

 

「長期積立分散投資」の運用で有名なものの一つに

 

 

「※ノルウェー政府年金基金」というものがあります

(※年金制度が手厚いことで有名な国です)

 

 

ノルウェー政府が現在でも行なっているこの資産運用は

 

 

2008年に起こった「100年に1度」といわれる大型の金融危機

 

 

「リーマンショック」の荒波を乗り越え

 

 

10年、20年の長期で見るとその資産を

 

 

2倍にした!という実績を打ち立てました!

 

 

相場がいい時悪い時

 

 

毎月一定の額を積み立てて世界中に分散投資することによって

 

 

2倍のリターンを生み出したんです!

 

 

これは決して新しい発明ではなく

 

 

長い人類の歴史において

 

 

先ほどの話に出てくるアメリカの夫婦や

 

 

「資産運用」で長い歴史を誇るかの有名な「スイス銀行」なども

 

 

「我々は別に特別なことはしていない」と言って

 

 

この「長期積立分散投資」を導入しています!

 

 

「戦後の高度成長」「バブル」「失われた20年」という

 

 

世界的に見て非常に特殊な歴史を送った

 

 

私たち日本人は奇しくも、いままで…

 

 

資産運用のスタンダードを知る機会がなかった!

 

 

そういうことなんです!(=゚ω゚)ノ

 

 

なぜ長期積立分散投資なのか?

 

 

ではなぜ「長期積立分散投資」がいいのでしょうか?

 

 

確かに「投資」にはリスクがつきものです

 

 

例えば「投資」というと

 

 

「うーん。この会社は将来伸びる気がする。いや!間違いない!」

 

といってその会社の株を買う

 

株価が上がれば「バンザーイ!\(^o^)/」

 

下がれば「えーん!損した―!(>_<)」

 

 

当たれば勝ち組!

 

はずれれば人生終わり…

 

 

これがいわゆる「投資」=「ギャンブル」のイメージではないでしょうか?

 

 

この場合だと…

 

 

「1つの会社」「一極集中投資」した場合に

 

 

こういう2つの結果が現れてしまいます…

 

 

「長期積立分散投資」では

 

 

損をしたときのリスクを最小限に抑えるために

 

 

1つではなく…

 

 

いろいろなところに投資をします

 

 

では例えば…

 

 

「日本中の様々な企業」に分散して投資すればいいのでしょうか?

 

 

これからは正直わかりませんが

 

 

少なくとも「失われた20年」の間はダメでした

 

 

日本はかつて「丁寧なモノづくり」で

 

 

「モノを売ること」に関しては最強でしたが

 

 

インターネットの登場によって

 

 

「モノではなくて目に見えないサービスを売る」

 

 

という世界のトレンドから置いてけぼりを食らってしまったんです

 

 

ですから「一国集中投資」もキケンです

 

 

「投資のリスクを最小限に抑えお金を増やす」

 

「なるべく損をしないで確実にお金を増やす」には

 

 

全世界つまり

 

 

人類に投資するのが正解だと思います

 

 

いまの世の中

 

 

ほぼ世界中の人々が

 

 

「お金が必要」

 

 

だと思っています

 

 

そのためにこれからも人類は経済を成長させるでしょう

 

 

経済的に豊かな「先進国」と呼ばれる国なんて…

 

 

まだほんの一握りです

 

 

中国の台頭、そのほかのアジア諸国の目覚ましい経済成長

 

 

インド、アフリカ、南米などの未開発の大きな国々もまだまだたくさんあります

 

 

日本だってまだ成長できる可能性はもちろんあります!

 

 

「人類の経済成長の利益をみんなで分かち合う」

 

 

これが長期積立分散投資の哲学なんです

 

 

投資に関してこれ以上低いリスクってなかなかないと思いますよ!笑

 

 

だって

 

 

「人類に投資して失敗する」っていうことは

 

 

「人類そのものがもうヤバい」ってことなんですから笑

 

 

その確率はまだまだ低いと思いますし

 

 

そうなったらもう腹をくくるしかありませんよね…笑

 

 

 

さて

 

 

これまで

 

 

預金はヤバい

資産運用するしないで現れる大きな違い

運用の仕方で投資は必ずしもギャンブルではない

長期積立分散投資で全人類に投資

 

 

というお話をさせていただきましたが

 

 

そもそも私も昔は

 

 

「投資は危険なギャンブルだ!(=゚ω゚)ノ」

 

 

と思っている人間の一人でした

 

 

しかし「家族の今後」や「自分の老後」に不安を感じ

 

 

お金の勉強をしていく中で

 

 

まだまだ道半ばではありますが

 

 

「人類の英知、長期積立分散投資」

 

 

に出会うことが出来ました

 

 

その素晴らしいアイデアに出会わせてくれた

 

 

一冊の本をご紹介させていただきます

 

 

この本にはこの記事でご紹介した内容のほかにも

 

 

実際に資産運用するにあたり

 

 

○積立投資は※為替リスクをコントロールできる

(※全世界に投資しても円高とか「通貨の価値」が変わったら損をしてしまうのでは?という疑問に対する回答)

 

○資産運用の目標の立て方

○リスク確認のやり方

○ゴールの設定、資産運用の終え方

 

そして単に「お金の増やし方」だけにとどまらず

○「お金から自由になったら何がしたいのか」の見つけ方

 

といった内容をわかりやすく親切に解説してくれています

 

さらに著者の方の実体験、失敗談からの

「日本の未来を憂い、情熱をもって起業した!」

という感動のストーリーも織り込まれており

勉強本なのに…

読んでて楽しいです!(*´▽`*)

 

 

読んでおいて決して損はありません

 

 

ぜひ手に取ってみてくださいね!

 
 

投資が大事なのは分かったけど…何すればいいの?

 

 

さて、ここからのお話は

 

 

「秒で億を稼ぐ!」とか

 

「一攫千金で人生勝ち組!」っといった類の話ではありません

 

 

「投資の知識なんて何もない!」

 

「もちろん勉強する時間もない!」

 

「別に投資家になりたいわけじゃないし、他にもっとやりたいことがある」

 

「だけど、

やりたいことのために…

家族のために…

老後のために…

なるべく損をしないで確実にお金を増やしたい!」

 

 

という方に読んでいただきたい話です

 

 

なるべくリスクを抑えて

 

 

1年に3%~5%ぐらいの利益を長期でねらいます

 

 

銀行に預けるよりは格段にリスクが下がるでしょう

 

 

ここまで

 

 

資産を運用することと、しないことでの大きな違い

 

人類に投資することによって「かなりリスクを下げることが出来る」

 

 

というお話をさせていただきましたが

 

 

実際に資産運用…つまり投資といっても

 

 

株式、為替、債券、不動産、貴金属など…

 

 

実に様々なものがあります

 

 

最近では「FX」や「仮想通貨(暗号資産)」なんていう言葉も聞きますね

 

 

もちろん!

 

 

どの分野でも興味のある分野で投資をしていいと思うんですけど

 

 

「投資ってなにすればいいの?」

 

 

という質問の答えはズバリ!

 

 

手数料に気を付けろ!!!

 

 

これが第一番です!

 

 

あなたがこれから投資を始めるとして…

 

 

まったく知識がなかったとしたら…

 

 

何かを読んだり誰か詳しい人に聞いたりしますよね!

 

 

その結果…

 

 

もし何かしらのセールスマン

 

もしくは窓口の人がそれを仲介してくれたとしたら

 

 

おそらくその人に

 

 

預けた金額の5%ぐらいの手数料

(下手したらもっと高いパーセンテージ!(=゚ω゚)ノ)

 

 

を払わなければいけないことが多いと思います

 

 

つまりそれは…

 

 

これから私たちが狙おうと考えている「お金が増えるパーセンテージ」と…

 

 

ほぼ同額かそれ以上です!(=゚ω゚)ノ

 

 

こういう投資に手を出してしまうと…

 

 

まったくお金を増やすことが出来ません

 

 

というか下手すると…

 

 

お金が減ってしまいます!(=゚ω゚)ノ

 

 

世の中でいちばんお金がかかるもの…

 

 

それは人間です!

 

 

まあ世の中には異常に高額なものはもちろんありますが

 

 

それは別に手を出さなくてもいいものがほとんどです

(車やプライベートジェット、時計、宝石、美術品、会社などですね)

 

 

しかし皆さんも、もちろん私も含め

 

 

人間はど~~~しても生きていくためにお金が必要です

 

 

ですからセールスや窓口の人たちが

 

 

自分たちの知識を手数料に変えて生活の糧にしていることを責めることは出来ません…

 

 

が、そういう投資に手を出した場合…

 

 

「お金が増える確率が格段に下がる」

 

 

という事実は変わりません…💧

 

 

それを回避できるかどうかは…

 

 

「手数料には気を付けなければならない」

 

という「情報」を持ってるか持ってないかだけです!

 

 

「どういう投資をしようかな~」と考えるときは

 

 

とにかく手数料に気を付けましょう!(=゚ω゚)ノ

 

 

人間の脳は投資に向いてない!

 

 

さて、

 

 

お金を増やすための買い物の基本は

 

 

当たり前なんですが…💧

 

 

安く買って高く売る!(*´▽`*)

 

 

これだけなんですね!

 

 

バカにすんな!( `ー´)ノ

 

と思われた方がいたらスミマセン!<(_ _)>

 

 

例えば

 

 

私たちが前に買っておいた「記念切手」や「フィギュア」なんかが何年後かにプレミアがついて

 

 

高く売れたらうれしいですよね!(*´▽`*)

 

 

しかし、それはおそらく稀な例で…

 

 

普段、私たちが自分が買ったものを手放す場合

 

 

だいたいは買った時の値段より安く売ってしまいますよね…💧

 

 

というか中古なんだからそれが当たり前だと思います!

 

 

ふだん、私たちはモノを買うときに

 

 

あとで値段が下がるのはわかっているけど

 

「欲しい」とか「必要だ」という理由で買っていて

 

それが当たり前で

 

別に「損した」とも思いません

 

 

だってそれが「生きていく」ってことなんですから

 

 

普通です!

 

 

だからこそ…

 

 

つまり…

 

 

人間の脳は…

 

 

「お金を増やすこと」

を考えるには向いていません!(=゚ω゚)ノ

 

 

人間が自分の脳で投資をしようと思うと例えば…

 

 

買う

値段が上がる

まだ上がると思って売らない

そうこうしてるうちに値段が下がる

また戻るんじゃないかと思って売らない

そうこうしてるうちに買った時の値段より下がる

もうこれ以上損したくないからといって売る

売ってしまったのに値段がまた上がり始める

 

 

というような行動をかなりの確率でやってしまいます!

 

 

人間の脳は投資には向いてません…💧

 

 

たくさん勉強して運も味方につけたごく一部の人が

 

 

この行動を回避していわゆる「お金持ち」になります

 

 

「でも勉強する時間なんてない!」

 

「別に投資家になりたいわけじゃないし、他にもっとやりたいことがある」

 

「だけど、

やりたいことのために…

家族のために…

老後のために…

なるべく損をしないで確実にお金を増やしたい!」

 

 

そう考える私たちが

 

 

なるべくリスクを回避してお金を増やすには

 

 

脳の考えに悩まされず

 

 

相場が高い時も安い時も

 

 

ひたすら毎月一定の額を積み立てて

 

 

かの「アメリカの夫婦」「ノルウェー政府年金基金」や「スイス銀行」のように

 

 

時間を味方につけて長期で資産を増やす!

 

 

「長期積立分散投資」を利用するのが

 

 

「いちばんリスクが低い投資法」であると考えます

 

 

ちなみにブログで実際の金額を書くのははばかられますが

 

 

私が実際に3~5%の利益を狙って行なっている

 

 

この「長期積立分散投資」による

 

 

2020年の投資成績は…

(2020年…歴史的に見てもかなり特別な年で世界の相場は乱高下しました)

 

 

10パーセントの利益を超えました!

 

 

もちろん今までのトータルでもプラスです

 

 

本当に何もせずに

 

 

「愚直に積み立てていくこと」

 

 

これが大事だと痛感出来た年になりました

 

 

以下、おすすめの投資銘柄のご紹介です

 

 

リスクを分散するおすすめの投資銘柄

 

 

さて今まで

 

 

手数料に気を付けろ!

 

人間の脳は投資に向いてない!

 

 

というお話をさせていただきましたが

 

 

それらのリスクを回避できるおすすめの投資方法は

 

 

「インデックス投資信託」と呼ばれるものです

(ちなみにその投資信託が市場に上場しているものをETFと呼びます)

 

 

インデックスとは有名なものでは

 

 

「日経平均」(日本の調子のよい企業225社の株価の平均を表すグラフ)

 

とか

 

「ダウ平均」(アメリカの調子のよい企業65社の株価の平均を表すグラフ)

 

 

といったように企業の株価をグラフで表したものです

 

 

こんな感じのものです

 

f:id:sleepyho:20210123214843p:plain

 

 

そして

 

 

投資信託とは

 

 

投資(お金)をじて

 

 

その託された資産を私たちの代わりに運用してくれる機関

 

 

のことをいいます

 

 

つまりインデックス投資信託とは

 

 

株式グラフにのっとって

私たちが信じて託したお金を

代わりに運用してくれる機関

 

 

ということになります

 

 

勉強する時間があって投資に興味のある人は

 

 

色々な投資をやってみていいと思いますが

 

 

投資の勉強をする時間がなくてこの記事を読んでくださっている方は

 

 

なぜ株式なんだ?

 

 

と思われるかもわかりません

 

 

なぜ株式の投資信託なのか?

 

 

それは現在ではネットの普及によってセールスマンや窓口に頼ることなく

 

 

自分でネットで株式の投資信託に申し込むことが出来るからです

 

 

そして、人の仲介を通さないことによって

 

 

いままで5%程だった手数料を現在ではなんと

 

 

0.1%台まで落とすことが出来るからです!

(先ほどご紹介した本の方も投資信託会社を経営されているのですが、まだ手数料が少し高い印象です。将来的に下がれば使いたいのですが…💧)

 

 

概算でも手数料が50倍違います!

 

 

お金を増やせる確率が格段に上がりました!(*´▽`*)

 

 

株式以外の投資方法だと…

 

 

ここまで安い手数料の商品を見つけることは困難です

 

 

というわけで株式の投資信託がおすすめです

 

 

そしてなぜインデックス投資なのか?

 

 

ということですが

 

 

これはもちろん前述の

 

 

手数料を格段に下げられるということも理由なんですが

 

 

もうひとつには

 

 

インデックスというのは

 

 

単に業績のいい会社の株価を表したグラフです

 

 

つまり事実、結果だけしかそのグラフには現れませんので

 

 

インデックス投資というのは

 

 

誰かの意図で捻じ曲げられることがないんです!(=゚ω゚)ノ

 

 

ですから危ない投資に手を出してしまう

 

 

というリスクを下げることが出来ます

 

 

では、どのインデックスに投資するのがいいかということですが

(インデックス、つまり株価のグラフは無数にあります)

 

 

それはこれまでお話させていただいた

 

 

「長期積立分散投資の哲学」で

 

 

全世界つまり人類に投資するのがいいと考えます

 

 

分散投資のインデックス投資を少し調べてみると…

 

 

おそらく「S&P500」というインデックスが有名で

 

 

真っ先に出てくると思うんですけど

 

 

これはアメリカの調子のよい企業500社の株価の平均を表したグラフに連動させた投資信託です

 

 

この記事を書いている2021年現在

 

 

アメリカの経済は

 

Google

Amazon

Facebook

Apple

Microsoft

(頭文字をとって「GAFAM」と言ったりします)

 

 

などのIT企業の業績が絶好調で

 

 

「これからもアメリカ経済は世界を席巻する」

 

「大きな利益を狙えるだろう」と予想されています

 

 

確かにこれらの企業が

 

 

これから先、そう簡単につぶれるとは想像しづらく

 

 

大きな利益を狙うならば

 

 

これに投資することも一つの選択であると思いますが

 

 

個人的には

 

 

「一国投資のリスクを避けて全世界に投資する」

 

 

その方がより安全でリスク回避になると考えます

 

 

アメリカがこの先20年、30年というスパンで好調を維持し続けるという保証がどこにもないからです

(わかりません…これから100年好調を維持し続けるかもわかりません…)

 

 

もちろん最終的に選ぶのは個人の自由なんですが

 

 

私は人類に投資するインデックス投資信託を使っています

 

 

全世界に投資するインデックス投資信託は

 

 

全世界株式と呼ばれ

 

 

有名なものでは

 

 

 

○ eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

(三菱UFJが運用)

 

○ 楽天・全世界株式インデックスファンド

(楽天が運用)

 

○ SBI・全世界株式インデックス・ファンド

(ソフトバンクが運用)

 

 

などがあります

 

 

それぞれ連動する株式のグラフが異なりますので

 

 

運用成績に違いがありますが

 

 

現在の所ほとんど差はありません

 

 

これらの投資信託は

 

 

いずれも運用にかかる手数料が

 

 

0.06~0.1%台に抑えてあり(=゚ω゚)ノ

 

 

手数料で損をする心配はほぼありません

 

 

ちなみに私は一番目の

 

 

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

 

を使っています

 

 

選んだ理由は

 

 

自分で調べられるだけ調べた結果

 

 

インデックス投資信託とは

 

 

「調子のいい企業の株価の平均を表すグラフに連動させて行なう投資」

であるわけですから

 

 

当然、会社の業績によってそのグラフの計算に入る会社が入れ替わります

 

 

私が調べたところでは

 

 

その会社の入れかえ

(つまり業績のいい会社の株を保持し悪い会社の株を持たない)

 

 

これをいちばんスムーズに行なっている

 

 

または「それをやる気のある投資信託」だと判断したからです

(あくまで私の見解ですが…)

 

 

ちなみに全世界、全世界と連呼してますが…笑

 

 

2021年現在は「アメリカ経済」が圧倒的に優位ですので

 

 

先の3つの全世界投資ファンドに投資しても

 

 

全体の3割から4割はアメリカ株に投資していることになります

 

 

ただこれから先

 

 

仮にアメリカ経済がコケても

 

 

この投資信託ならそれをスムーズに入れ替えてくれる

 

 

リスクを最小限に抑えられると判断しました!

 

 

では私は

 

 

どこのネット証券会社を使って資産運用しているのかというと

 

 

「SBI証券」を使っています

(SBIの投資信託を使ってないのに!笑)

 

 

ソフトバンクが運営している証券会社ですね!

 

 

先ほどご紹介した3銘柄は

 

 

すべてSBI証券でも買うことが出来ます

(他にもたくさんの投資信託銘柄があります!とにかく手数料に気を付けましょう!)

 

 

なぜSBI証券を使っているのかというと…

 

 

まあ正直…

 

 

投資信託に投資するなら

 

 

手数料はどこの証券会社でもさほど変わらないのですが

 

 

この先、投資に興味が湧いて

 

 

「他の取引もしてみたいなー」

 

 

と思った時に

 

 

扱っている銘柄が多く

 

 

日本株、外国株ともに

 

 

取引手数料が安いんです!

(特に外国株の取引き手数料が他社と比べて圧倒的に安い!)

 

 

「ソフトバンクグループ」は

 

 

投資に力を入れている企業ですので

 

 

安心して使うことが出来るでしょう

 

 

さすが孫正義さん率いる資産運用会社といったところでしょうか

(もはや携帯電話の会社ではありません!(=゚ω゚)ノ)

 

 

無料の電話サポートもついてますし

 

 

登録するのにお金はかかりません!(*´▽`*)

(運用はもちろん自分の資金でね!笑)

 

 

こちらです

 

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

 

 

ここまで読んでくださって本当にありがとうございました!<(_ _)>

 

 

長い文章になりましたので今回の要点をまとめましょう!

 

 

今回の要点は6つ!

 

 

①もう銀行預金は安全ではない!

  むしろお金が減るリスクがある!

 

 

②自分の資産を運用するのとしないのとでは大きな差がある!

    それは時に数千万円と数億円の違いを生み出す!

 

 

③ 投資は知識を得てリスクを抑えればギャンブルにならない!

    それは歴史が証明している!

 

 

④「長期積立分散投資」は人類の英知!

    それは時間を味方につけて「人類の利益を分かち合うアイデア」

 

 

⑤ 運用するならとにかく「手数料に気を付けろ!」

 

 

⑥ 人間の脳は投資に向いていない!

     悲しいけどそれを理解してただ愚直に積み立てよう!

 

 

ここまでをお話させていただきました!

 

 

私たちが生きている限り

 

ど~~~しても

 

お付き合いしなくてはならない

 

お金の悩みと不安

 

 

どうせ逃げられないなら…

 

 

 

解決しましょう!<(`^´)>

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今回ご紹介したアイデア

 

 

 

※長期積立分散投資がなぜ人類の英知なのかわかりやすく解説!

さらに、これから投資を始めるにあたっての目標の立て方から出口戦略まで教えてくれて大きな助けになる!

読んで損はない本!

 
 
 
 
 
 
 ※もちろん!投資は自己責任でお願いします!<(_ _)>
 
 
 
 
 
 
こんな記事も書いてます!
MENUはブログトップへ👆