ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

レッド・ツェッペリン「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」! もの凄い緊張感で奏でるガチンコのブルース!!! LZ3

f:id:sleepyho:20190906234455j:plain



 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

 

ハリネズミです

 

 

 

今回はレッド・ツェッペリンのおはなし第3弾です!

 

 

 

前回は「これぞレッド・ツェッペリン!!!」という

 

 

 

彼らの代表曲をご紹介しました

 

 

 

前回の記事はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 「その1」から読みたい方はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 

 さて

 

 

 

今回は彼らが演奏した

 

 

 

「ブルース」

 

 

 

という音楽に焦点を当ててお伝えしていこうかと思います

 

 

 

今でこそ私は

 

 

 

「ブルース大好き!!!」

 

 

 

という人間なんですが

 

 

 

音楽が好きになった当初は

 

 

 

ブルースという音楽を知らず

 

 

 

もっぱらロックのCDやレコードを買いあさっていました

 

 

 

そんなある日わたしは

 

 

 

レッド・ツェッペリンの

 

 

 

この曲に完全にノックアウトされたのです!!!

 

 

 

こちらです!

 


Since I've Been Lovin' You - Led Zeppelin HQ (with lyrics)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Since I've Been Lovin' You - Led Zeppelin HQ (with lyrics)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 この曲は

 

 

 

「貴方を愛し続けて」(Since I've Been Lovin' You)という曲で

 

 

 

アルバム「レッド・ツェッペリンⅢ」に収録されています

 

 

 

これを初めて聞いたとき私は…

 

 

 

「なんだこれは???(@_@)」

 

 

「ほぼ全部ギターソロじゃないか!!!」笑

 

 

 

しかもこの演奏、緊張感、エモーション…

 

 

 

 

心が震えました…

 

 

 

 

どうも調べてみるとマイナーキーの曲ではあるが

 

 

 

「ブルース」という音楽らしい

 

 

 

カッコいい!!!

 

 

素晴らしい!!!

 

 

 

ということから

 

 

 

一気にブルースにハマりました!

 

 

 

いろいろ調べていくうちに

 

 

 

クリームの「クロスロード」

 

ローリングストーンズの「ラブ・イン・ヴェイン」は

 

 

 

ロバート・ジョンソンというブルーズマンの曲らしい…

 

 

 

ブラック・クロウズの「Shake 'Em On Down」はブッカ・ホワイト

 

 

 

ドアーズの「バック・ドア・マン」はハウリン・ウルフか…

 

 

 

ふむふむ…なるほど…

 

 

 

という感じで

 

 

 

元ネタのブルースにどんどんハマっていったのでした

 

 

 

今日は

 

 

 

もちろんブルースに多大な影響を受けたであろうレッド・ツェッペリンの

 

 

 

ブルース曲をご紹介します

 

 

 

こちらです!

 

 

 

〇「YOU SHOOK ME」

(アルバム「レッド・ツェッペリンⅠ」収録)

 


Led Zeppelin - Led Zeppelin - You Shook Me

 

 

リンク切れの場合は… 

 

「you shook me led zeppelin」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

この曲はギターはもちろんのこと

 

 

 

オルガンやハーモニカなど

 

 

 

いかにもブルースっていう楽器編成が

 

 

 

カッコいい1曲です

 

 

 

元ネタはマディ・ウォーターズという伝説のブルーズマンで

 

 

 

説明を1行で終わらせたらいかんぐらい伝説の人です!

 

 

 

こちらです!

 


Muddy Waters - You Shook Me

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Muddy Waters - You Shook Me」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 モダンな感じの演奏

 

 

 

普通に歌ってるだけなのに

 

 

 

響く歌声がカッコいいです!

 

 

 

お次はこちら!

 

 

 

〇「I Can't Quit You Baby」

(アルバム「コーダ」と「レッド・ツェッペリンⅠ」にも収録)

 

「コーダ」のバージョンでどうぞ!


I Can't Quit You Baby (1990 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「I Can't Quit You Baby (1990 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムのみ!

 

 

 

ガチンコ!レッド・ツェッペリンの

 

 

 

王道ブルースです!

 

 

 

この張り詰めた緊張感が

 

 

 

たまらなくカッコいいです!

 

 

 

元ネタはウィリー・ディクソンという方ですが

 

 

 

この方はどちらかというと作曲者で有名な方なので

 

 

 

オーティス・ラッシュのバージョンを聴いてみてください!

 


I Can't Quit You Baby

 

 

いくつかのバージョンがあるのですが

 

リンク切れの場合は…

 

「i can't quit you baby otis rush」

 

でYoutubeコピペ

 

「Wooooo!I Can't Quit You Baby~♬」と

 

いきなりシャウトで始まるバージョンがおすすめです<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 シャウトの声量がズルい…

 

 

私もこんな声ほしいです…💧

 

 

 

というわけで

 

 

 

3曲ご紹介しまして

 

 

 

まだまだ紹介したい曲もあるのです

 

 

 

が!

 

 

 

ブルースに多大な影響を受けていた初期のレッド・ツェッペリンは

 

 

 

自分の曲なのか

 

 

 

誰かの曲をカバーしているのか

 

 

 

よくわからない曲も多く

 

 

 

「How Many More Times」「Bring It Home」(Ⅰ収録)

 

「Whole Lotta Love」「Lemon Song」(Ⅱ収録)

 

 

などがそれにあたるんですけれども

 

 

 

実際に後になって元の作曲者から

 

 

 

訴えられたりしてます…💧

 

 

 

発表当時はおおらかな時代だったんですねー(*^_^*)

 

 

 

しかし演奏のカッコよさは色あせることがないので

 

 

 

今回ツェッペリンのブルースを気に入っていただけた方は

 

 

 

「レッド・ツェッペリンⅠ」「Ⅱ」「Ⅲ」を

 

 

 

3枚とも聴きましょう!!!笑

 

 

 

これであなたもツェッペリンブルースマスターですよ!笑

 

 「Ⅰ」 YOU SHOOK ME、I Can't Quit You Baby 収録

 

「Ⅱ」 Whole Lotta Love、Lemon Song 収録

 

「Ⅲ」 貴方を愛し続けて(Since I've Been Lovin' You)収録

 

 

 

次回はレッド・ツェッペリンの

 

 

 

「ハードロックの第1人者」という

 

 

 

カテゴリーだけではとても収まりきらない

 

 

 

彼らの多様な音楽性をもった

 

 

 

楽曲をご紹介しようと思います!

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

「その4」へ続きます!

 

www.sleepyho.com