ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

ハードロックの夜明け!10年後の音楽を予言して見せたスーパーバンド!!レッド・ツェッペリン!!!LZ5

f:id:sleepyho:20190917000147j:plain

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

 

ハリネズミです

 

 

 

前回はレッド・ツェッペリンの

 

 

 

ロックだけにとどまらない

 

 

 

多彩な音楽性とその楽曲たちについてお話しました

 

 

 

前回の記事はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 「その1」から読みたい方はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 

今回は

 

 

 

のちのハードロック、ヘヴィメタルなどの激しい音楽の発展に

 

 

 

多大に貢献したであろう

 

 

 

レッド・ツェッペリンの生み出した予言のような楽曲たち!

 

 

 

をご紹介します!

 

 

 

 

まずはこちら

 

 

 

〇The Wanton Song (ワントン・ソング)

アルバム「フィジカル・グラフィティPhysical Graffiti)」収録

 


The Wanton Song (2012 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「The Wanton Song (2012 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

いきなりトップボルテージの激しいギターリフとバンド!

 

 

 

高音なのにオドロオドロしく歌い出すヴォーカル!

 

 

 

メロディックなBメロ!

 

 

 

これもうヘヴィメタじゃん!!!Σ(゚Д゚)

 

 

 

って感じの1975年の作品です…💧

 

 

 

お次はこれ!

 

 

 

〇Nobody's Fault but Mine

アルバム「プレゼンス(Presence)」収録

 


Nobody's Fault but Mine (1990 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Nobody's Fault but Mine (1990 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

ちょっと前振りが長いんですが…

 

 

 

1分ぐらいたつと演奏が始まると思います

 

 

 

この曲は

 

 

 

音が激しいのはそうなんですが、それよりも…

 

 

 

いわゆるそれまでのロックの楽曲は

 

 

 

時に応じて気分に応じて

 

 

 

コード(和音)さえ外さなければ

 

 

 

「けっこう自由に弾いてよい」

 

 

 

という構成の曲が

 

 

 

主流であったかと思います

 

 

 

一方、この曲は

 

 

 

ギターソロは別として

 

 

 

曲のフレーズがガッチリはまっており

 

 

 

「そのフレーズ以外はあまり自由に弾けない」

 

 

 

という構成になっているように思います

 

 

 

というのも

 

 

 

6,7,80年代にかけて

 

 

 

音楽ビジネスが近代化してゆくその過程で

 

 

 

「著作権」なるものが発展、複雑化してゆきます

 

 

 

実際に彼らも後になって原作者から訴えられるという事例がいくつかありました

 

 

 

そういう時代の流れもあって

 

 

 

「これは私が作曲した私の曲だ」と証明しなければならない

 

 

 

という意識が

 

 

 

アーティストに芽生え始めた時期の楽曲ではないか?

 

 

 

というのが私の私見です

 

 

 

「これは私が初めて世に出すフレーズと楽曲である」という

 

 

 

現代風のきっちりと型にはまった作曲方法のパイオニア的な曲ではないかと思います

 

 

 

しかし、あくまでその過渡期の曲でして…

 

 

 

この曲の歌詞は

 

 

 

ブラインド・ウィリー・ジョンソンという方の引用だったりします…💧

 

 

 

歌詞はまだよかったんですかね~笑

 

 

 

1976年の作品です

 

 

 

 

いずれにせよ激しくてカッコイイ!

 

 

 

お気に入りの曲です!

 

 

 

次!

 

 

 

〇In The Evening(イン・ジ・イヴニング)

アルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドアIn Through the Out Door)」収録

 


Led Zeppelin - In The Evening ( Remastered )

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Led Zeppelin - In The Evening ( Remastered )」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 これもちょっと前振りが長いんですが…

 

1分ぐらいで曲が始まります

 

 

 

どうですか?

 

 

 

なんと!

 

 

 

がっつりシンセサイザーが入っています!( ゚Д゚)

 

 

 

のちのヴァン・ヘイレンなどを彷彿とさせますね~

 

 

 

彼らの魅力のひとつである

 

 

 

シンプルなバンド編成で

 

 

 

「せーの」で録音したライヴ感とはまた違って

 

 

 

シンセサイザーやオーバーダヴなどの

 

 

 

スタジオ編集が光る曲です!

 

 

 

3:40あたりからの

 

 

 

ドアが「バタン!!!」と閉まってから繰り出されるギターソロとか

 

 

 

めっちゃカッコイイですよねー

 

 

 

うーんセンスの塊です!!!

 

 

 

1979年の作品です

 

 

 

まだまだ行きます!

 

 

 

〇Carouselambra

(ケラウズランブラと読んで「琥珀のメリーゴーランド」という意味の造語らしい)

アルバム「イン・スルー・ジ・アウト・ドアIn Through the Out Door)」収録

 


Carouselambra (2012 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Carouselambra (2012 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

よりシンセサイザーを前面に押し出した楽曲となっています!

 

 

 

もう!

 

 

 

アイドルが歌って踊ってもいいんじゃないの?(=゚ω゚)ノ

 

 

 

って感じの楽曲です

 

 

 

デュラン・デュランですね笑

 

 

 

やはり1979年の作品です

 

 

 

次です!(=゚ω゚)ノ

 

 

 

〇We're Gonna Groove

アルバム「最終楽章 (コーダ)Coda)」収録

 


We're Gonna Groove (2012 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「We're Gonna Groove (2012 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

この曲の原曲はアメリカのソウル歌手

 

 

 

ベン・E・キングBen. E. King)のGroovin'」という曲なんですが

 


Ben E.King / Groovin'

 

 

 

何を演奏してもハードロックになるという意味で

 

 

 

この楽曲を選びました!

 

 

 

ソウルを演奏しても

 

 

 

激しくうねるビートが

 

 

 

カッコいいです!

 

 

 

1970年の録音の後

 

 

 

1981年にギターをオーバーダビングしたものだそうです

 

 

 

そして!

 

 

 

〇Wearing And Tearing

アルバム「最終楽章 (コーダ)Coda)」収録

 


Wearing and Tearing (2012 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Wearing and Tearing (2012 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

今回のお話のテーマである

 

 

 

レッド・ツェッペリンが作った次世代の音楽という意味で

 

 

 

私がいちばん好きな楽曲です!

 

 

 

のちのロックムーブメントを予感させるような

 

 

 

ギターのリフ(リフレイン)!

 

 

 

激しいバンドサウンド!!

 

 

 

ロバート・プラントのシャウト!!!

 

 

 

そしてさらに

 

 

 

「ジャーン!」とギターが鳴るだけの

 

 

 

ドラマティックな構成!

 

 

 

「ハードロックの夜明け」を感じさせる

 

 

 

楽曲最後の混沌としたパワー!

 

 

 

さらに

 

 

 

実はだんだんと曲のスピードが速くなっているという

 

 

 

当時の自由なグルーヴ感覚も捨ててない!

 

 

 

すべてが詰まっていると感じるのは私だけでしょうか?笑

 

 

 

ハードロックの未来を予言してみせた彼らの真骨頂が詰まっている

 

 

 

おすすめ曲です!

 

 

 

 

さて、ということで

 

 

 

今回は6曲ご紹介させていただきました<(_ _)>

 

 

 

レッド・ツェッペリンの12年の活動は

 

 

 

いつでも、どこでも

 

 

 

凄まじいパワーと

 

 

 

ギリギリの緊張感の中で成り立っていた芸術的なものでしたが

 

 

 

やはりずーっと続けることはかなわず

 

 

 

 

 1980年に解散となりました

 

 

 

最後にご紹介させていただきたいのは

 

 

 

ヴォーカルのロバート・プラントが

 

 

 

自らの地位を確立した後

 

 

 

自分の好きだった音楽を

 

 

 

楽しそうに歌う

 

 

 

「ハニードリッパーズ」というカヴァーバンドをご紹介して

 

 

 

レッド・ツェッペリンのお話はとりあえず終わりにしようと思います

 

 

 

こちらです!

 


I Get a Thrill (2006 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Honey Drippers  I Get a Thrill (2006 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

ウィノニー・ハリスという1946年から1952年あたりに活動した

 

 

 

アメリカのシンガーの曲です

 

 

 

ちなみにこの曲では

 

 

 

ジミー・ペイジがギターを弾いています

 

 

 

この他の曲も良くて

 

 

 

アルバムもおすすめですよ!

 


I Got a Woman (2006 Remaster)

 


Young Boy Blues (2006 Remaster)

 


Rockin' at Midnight (2006 Remaster)

 


Sea of Love (2006 Remaster)

 

 

 

 

 

レッド・ツェッペリンと同時代に生まれてこれて

 

 

彼らの生み出した音楽が聴けて

 

 

とても幸せな気分です!

 

 

 

ありがとう!レッド・ツェッペリン!!!

 

 

 

ではまた

 

 

 

 

今回ご紹介したアルバム

 

「フィジカル・グラフィティPhysical Graffiti)」

The Wanton Song (ワントン・ソング)収録

 

 「プレゼンス(Presence)」

Nobody's Fault but Mine 収録

 

イン・スルー・ジ・アウト・ドアIn Through the Out Door)」

 In The Evening(イン・ジ・イヴニング)

Carouselambra(ケラウズランブラ) 収録

 

 最終楽章 (コーダ)Coda)」

We're Gonna Groove、Wearing and Tearing 収録

 

Honeydrippers 1

ロバート・プラントが出したカバーアルバム