ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

レッド・ツェッペリンの「カシミール」!ロックだけじゃない!!多彩な音楽性とその楽曲たち!!! LZ4

f:id:sleepyho:20190901094454j:plain

 

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

 

ハリネズミです

 

 

 

今日はレッド・ツェッペリンのおはなし第4弾です!

 

 

 

前回は

 

 

 

「もの凄い緊張感で奏でるレッド・ツェッペリンのブルース」と

 

 

 

その元ネタをご紹介しました

 

 

 

前回の記事はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 「その1」から読みたい方はこちら!

 

www.sleepyho.com

 

 

 

 さて今回は

 

 

 

ロック、ブルースだけにとどまらない

 

 

 

彼らの多様な才能が生み出した楽曲たちをご紹介します

 

 

 

いっぱいあるんですけど…

 

 

 

なるべくテーマを絞って1曲ずつご紹介します

(できるかなあ…💧)

 

 

 

まずはこれ!

 

 

 

彼らのアコースティックなサウンドが聞ける美しい曲です!

 

 

 

〇Babe I'm Gonna Leave You (「レッド・ツェッペリンⅠ」収録)

 


Babe I'm Gonna Leave You (2014 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Babe I'm Gonna Leave You (2014 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

アコースティックギターを使ったバラードなんですけど

 

 

 

ゆったりした曲ではなく

 

 

 

激しさ、緊張感、荘厳さなどが感じられる

 

 

 

彼らならではの楽曲だと思います

 

 

 

カッコいいです!

 

 

 

お次はこれ!

 

 

 

なんと、レゲエ風味の曲です( ゚Д゚)!!!

 

 

 

〇D'yer Mak'er

(デジャ・メイク・ハー[Did You Make Her?]と読み、ジャマイカ(Ja Ma I Ca)という発音の音をもじったものらしい…)

アルバム「Houses Of The Holy(聖なる館)」収録

 


D'yer Mak'er (2007 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「D'yer Mak'er (2007 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 レゲエでも8ビートでドコスコ鳴るドラム!笑

 

 

 

ロバート・プラントの声がちょっとエロいです…

 

 

 

次!

 

 

 

ジミー・ペイジのアコースティックギターによる

 

 

 

美しいインストです

 

 

 

〇Bron‐Yr- Aur (ブロン・イ・アー)

アルバム「Physical Graffiti」収録

 


Led Zeppelin - Bron-Yr-Aur

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Led Zeppelin - Bron-Yr-Aur」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

オープンC6と呼ばれるギターの変則チューニングで演奏されています

 

 

 

ブロン・イ・アーは

 

 

 

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(つまりイギリス)の

 

 

 

ウェールズ、グウィネズ州、スノウドニアという土地にあるコテージの名前で

 

 

 

ロバート・プラントの両親が所有していたそうです

 

 

 

山間に川がせせらぐ美しい田舎でして…

 

f:id:sleepyho:20190917191650j:plain

 

 

 

1969年にメンバーはここで休暇を過ごし

 

 

 

当時、ロバート・プラントとジミー・ペイジが

 

 

 

どちらがバンドのイニシアティブをとるかバチバチやってた頃に

 

 

 

ここでの生活によって2人は完全に打ち解けて

 

 

 

仲良くなった💗

 

 

 

というエピソードも残ってます

 

 

 

美しい曲ですね!

 

 

 

お次はこちら!

 

 

 

ツェッペリンの代表曲の1つにも数えられる

 

 

 

クラシックのようなアレンジが荘厳な1曲です!

 

 

 

〇カシミール

(アルバム「Physical Graffiti」収録)

 


Led Zeppelin - Kashmir (Live at Knebworth 1979) (Official Video)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Led Zeppelin - Kashmir (Live at Knebworth 1979) (Official Video)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

 

アルバムバージョンはこちら!

 


Kashmir - Led Zeppelin - Remastered

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Kashmir - Led Zeppelin - Remastered」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

カシミールとはインドとパキスタンの国境付近にある山岳地帯で

 

 

 

カシミア(毛皮)の産地なんですが

 

 

 

そんな住所がどうとかそういうことではなく…

 

 

 

私が個人的にいろいろ思うところでは

 

 

 

カシミールとは

 

 

 

1960年代70年代にアメリカで発達した

 

 

 

ヒッピー文化(いわゆるラブ&ピースというあれですね)の人たちが

 

 

 

多大な影響を受けたインド思想における理想郷のひとつに

 

 

 

「シャンバラ」というヒマラヤの近くにあるとされる架空の国があるのですが

 

 

 

それをイメージした楽曲であるのではないかとと思います!!!

 

 

 

人間の想像力は無限で

 

 

 

それを突き詰めてゆくと

 

 

 

実際の人間の能力を超えてしまうことが多々ありますが

 

 

 

それを見事に自らの能力で具現化した

 

 

 

素晴らしい楽曲であると思います!!!

 

 

 

ロバート・プラントのシャウト!

 

 

 

ジミー・ペイジの超絶テクニックはあえて封印!

 

 

 

ひたすら刻むボンゾ(ジョン・ボーナムのニックネーム)の8ビート

 

 

 

ラヴェルの「ボレロ」を思わせるような1フレーズの荘厳さ!

 

 

 

そんなシンプルにやったら

 

 

 

スカスカに空いてしまうであろう空間を

 

 

 

みごとに埋めるジョン・ポール・ジョーンズのプレイ

 

 

 

音楽表現におけるひとつの到達点と言える作品なのではないでしょうか???

 

 

 

そんなことに思いを馳せながら聴いていただけるとうれしいです!

 

 

 

(あーバスタードとベルセルクちゃんと完結してくれないかなー)

 

 

 

ちょっとポップに次です!

 

 

 

〇Down By The Seaside

(アルバム「Physical Graffiti」収録)

 


Down by the Seaside (1993 Remaster)

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「Down by the Seaside (1993 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

オールディーズっぽいメロウな曲に

 

 

 

ツェッペリンの緊張感をちょっとスパイスにした

 

 

 

おしゃれな曲です!

 

 

 

まだ紹介してもいいですか?笑

 

 

 

〇Hot Dog

(アルバム「In Through the Out Door」収録)

 


Hot Dog (1993 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Hot Dog (1993 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

カントリーテイストのアッパーなパーティーソングです

 

 

 

それでもツェッペリンがやると激しく聞こえてしまうけど…

 

 

 

かわいい曲です💗

 

 

 

最後にご紹介する曲は!

 

 

 

ジョン・ボーナムによるドラムソロです!

 

 

 

〇Bonzo's Montreux(モントルーのボンゾ)

アルバム「CODA(コーダ)」収録

 


Bonzo's Montreux (1993 Remaster)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Bonzo's Montreux (1993 Remaster)」

 

でYoutubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

ちょっとエレクトリックな加工が入っていますが…

 

 

 

もともと8ビートを叩いただけでカッコいいドラマーなので

 

 

 

飽きさせずに最後まで聞かせてくれます

 

 

 

これはロックドラマーとしては

 

 

 

すごいことなんですよ!!!(=゚ω゚)ノ

 

 

 

ジャズドラムなどと違って

 

 

 

ロックドラムは

 

 

 

もともとビートが単調なので

 

 

 

次々と違うパターンで叩くのはとても難しいんです!!!

 

 

 

しかもパワーを失うことなく

 

 

 

ロックドラムとして聞かせてくれています

 

 

 

カッコいいです!

 

 

 

さて

 

 

 

今回は7曲ご紹介させていただきました

 

 

 

「レッド・ツェッペリンはロックだけのバンドじゃないんだなー」

 

 

 

と思っていただければ幸いです<(_ _)>

 

 

 

次回

 

 

 

レッド・ツェッペリンその5

 

 

 

「ハードロックの夜明け」と題して

 

 

 

のちのハードロック、ヘヴィメタルなどの

 

 

 

激しい音楽が発展していくのに

 

 

 

多大な影響を与えたであろう

 

 

 

彼らが生み出した次世代の音楽を特集しようと思っています

 

 

 

ではまた

 

 

 

今回ご紹介したアルバム

 

「レッド・ツェッペリンⅠ」

Babe I'm Gonna Leave You 収録

 

 

「Houses Of The Holy(聖なる館)」

D'yer Mak'er(デジャ・メイク・ハー)収録

 

 

「Physical Graffiti」

Bron‐Yr- Aur (ブロン・イ・アー)、カシミール、Down By The Seaside 収録

 

「In Through the Out Door」

Hot Dog 収録

 

 

「CODA(コーダ)」

Bonzo's Montreux(モントルーのボンゾ) 収録