ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

ジンジャー・ベイカー氏追悼!クリームの素晴らしき世界!!

f:id:sleepyho:20191011213455j:plain

 

 

みなさん、こんにちは!

 

 

ハリネズミです

 

 

去る10月6日

 

 

1960年代後半、ロックの歴史に大きな足跡を残した伝説のバンド

 

 

「クリーム」のドラマーであった

 

 

ジンジャー・ベイカー氏が

 

 

御年80歳で亡くなられました

 

 

今日はその追悼の意味を込めまして

 

 

クリームの特集をお送りします!

 

 

ジンジャー・ベイカーは

 

 

1938年8月19日生まれ、イギリス、ロンドンの出身で

 

 

ロックの世界では、クリームでの活動から

 

 

「ロック界における最初のスーパースタードラマー」

 

 

などと評されることもある人で

 

 

そのプレイは

 

 

ジャズドラムを素養としたテクニシャンでありますが

 

 

そこに激しいビートやうねりなどを加味できる

 

 

エモーショナルなプレイが魅力の人でした!!!

 

 

私生活では

 

 

4度の結婚や

 

 

ヤク中、アル中などなかなか波乱万丈で

 

 

時にはバンドメンバーを

 

 

刃物で脅してケンカしていた…💧

 

 

など

 

 

その自身のドラムプレイのように

 

 

なかなかエモーショナルな方です…💧

 

 

さて

 

 

ジンジャー・ベイカーは

(上の写真の左の人)

 

 

1960年代

 

 

ブルース・インコーポレイテッド

 

グラハム・ボンド・オーガニゼイションといったバンドを経て

 

 

1966年に

 

 

エリック・クラプトン(Guitar)

 (3大ギタリストの一人と呼ばれるほどの名手)

 

ジャック・ブルース(Bass)と共に

 

 

スリーピースバンド(3人でやるバンドのこと)である

 

 

「クリーム」を結成します

 

 

わずか2年の活動期間ながら

 

 

4枚のアルバムを発表しています

 

 

結構なハイペースですね!

 

 

彼らのバンドや楽曲としての特徴は

 

 

〇圧倒的な演奏力による素晴らしいライブ

 

〇ジャズやブルースを基調とした素晴らしい即興演奏

(インプロゼイションプレイ)

 

〇シングルでヒットしちゃうような素晴らしい曲も書ける

 

 

などその特徴は多岐にわたり

 

 

後進のロックバンドに多大な影響を与えています

 

 

当時、ロックバンドがライブで即興演奏をするというスタイルは定着していなくて

 

 

彼らがこのスタイルの先駆けと言えるでしょう

 

 

今日はそんな彼らの曲の中からおすすめの

 

 

3曲をご紹介いたします!

 

 

まずはこちら

 

 

クロスロード


Cream Crossroads

 

 

リンク切れの場合は…

 

「Cream Crossroads」で

 

Youtubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

どうですか?

 

 

1968年発表のアルバム

 

 

「クリームの素晴らしき世界 (Wheels of Fire)」に収録されたライブバージョンで

 

 

エリック・クラプトンの何度もたたみかけるギターソロも圧巻ですが

 

 

ベースのジャック・ブルースは歌いながらブイブイ弾きまくってますし

 

 

ジンジャー・ベイカーもこれでもかというぐらいバカスカ叩いてますね

 

 

3人の誰がリーダーということもなく

 

 

3人が対等にしのぎを削るその演奏スタイルは

 

 

同時期のレッド・ツェッペリンやジミ・ヘンドリックスにも多大な影響を与えたことでしょう

 

 

実は彼らはその活動期間中

 

 

「そんなに仲が良くなかった」

 

 

というエピソードが結構ありまして

 

 

活動期間が短かったのもある意味納得なんですが

 

 

3人がガチンコでケンカしてるような演奏スタイルなのに

 

 

演奏自体はメチャクチャにならないという

 

 

奇蹟を生み出したバンドでした!!!

 

 

それは3人の演奏能力がハイレベルすぎて

 

 

はたから見てると

 

 

「一緒に踊ってるように見える」

 

 

みたいな

 

 

ハイレベルな演劇の殺陣を見ているような

 

 

そんなワクワクや緊張感を感じさせてくれた

 

 

稀有なバンドで

 

 

この「クロスロード」にはその彼らの魅力がたっぷり詰まってますよね!

 

 

実はこの曲は

 

 

ロバート・ジョンソンというブルースマンの

 

 

「クロスロード・ブルース」という曲のカバーという扱いなんですが

 

 

原曲とは似ても似つきません

 

 

原曲はアコースティックの曲ですし…

 

 

こちら

 


Robert Johnson- Crossroad

 

 

ロバート・ジョンソンは

 

 

1930年代に活躍した「伝説のブルーズマン」で

 

 

この時代を考えると

 

 

この演奏も凄すぎるぐらいなんですが

 

 

これをエレキを使った演奏に発展させて

 

 

全然違う曲にアレンジしたのに

 

 

自分たちのクレジットにしないところに

 

 

彼らのブルースという音楽へのリスペクトを感じます!

 

 

これぞ!カバーの正しいありかた!

 

 

って感じで私は大好きです!!!

 

 

続いて

 

 

ホワイトルーム


Cream - White Room - Lyrics

 

 

こちらもアルバム「クリームの素晴らしき世界 (Wheels of Fire)」に収録されていて

 

 

ベースのジャック・ブルースが書いた曲です

 

 

非常にキャッチーなメロディラインの曲で

 

 

今でもたまにCMやテレビ番組で流れている印象です

 

 

最近では映画「ジョーカー」のサントラにも使われているらしいですね!

 

 

この曲はシングルカットされ

 

 

曲はビルボードチャートで6位

 

 

アルバムは1位を獲得しています!!!

 

 

エリック・クラプトンも「チェンジ・ザ・ワールド」なんて聴くと

 

 

歌上手いんですけど

 

 

なんでクリームの時に歌ってなかったのかというと

 

 

「俺は嫌だ!」と言って断ったという

 

 

単なるわがままだったことが後のインタビューで判明してます!笑

 

 

というわけでクリームでは、ほとんどの楽曲でジャック・ブルースが歌うことになったんですが

 

 

わたし彼の歌声好きなんですよね!

 

 

普通にうまくないですか???

 

 

シンプルにストレートに歌ってるのに

 

 

ちょっとセクシーで

 

 

特にこの曲はファルセットボイスも使ってるのでなおさら!

 

 

そしてとてもキャッチーな売れ線の曲なのに

 

 

やっぱり後ろでバカスカ叩くジンジャー・ベイカー氏!

 

 

ホントこれだけバカスカ叩いてて

 

 

なんで曲がぶち壊しにならないのか不思議です…💧

 

 

この頃のベイカー氏は

 

 

とにかく叩きまくる!!!

 

 

というのをモットーとしていたみたいで

 

 

バンドに素晴らしいグルーヴをもたらしていました!

 

 

ドラマーじゃないですけど

 

 

ラルク・アン・シェルのベースのTETSUさんも

 

 

弾きまくってるのに

 

 

ぜんぜん曲を壊さない稀有なベーシストですよね!

 

 

「HONEY」とか聴くとテンション上がります!!!

 


L'Arc~en~Ciel HONEY 1999 GRAND CROSS TOUR

 

リンク切れの場合は…

 

「L'Arc~en~Ciel Honey」で

 

ベースが聞こえるヤツ探してみてくださいね!

 

 

さて最後に

 

 

ジンジャー・ベイカー氏追悼ということで

 

 

彼のドラムソロがたっぷりと聴ける

 

 

「TOAD」をご紹介して

 

 

今回のお話を終わりにしたいと思います!

 


Toad (Live)

 

 

リンク切れの場合は…

 

「cream toad live」で

 

検索してみてください<(_ _)>

 

 

さて

 

 

クリーム解散後

 

 

ジンジャー・ベイカーは

 

 

「ジンジャー・ベイカーズ・エアフォース」などの

 

 

自身のバンドなどを経て

 

 

アフリカのリズムやグルーヴを追求する活動に傾倒し

 

 

ナイジェリアに自分のスタジオを作り

 

 

2000年代の初頭ぐらいまで

 

 

ミュージシャンとしては低迷する時期も特になく

 

 

順調に活躍しました

 

 

自分の好きなことを生業に

 

 

もちろんたくさん努力もしたでしょうが

 

 

ずっと続けることができた

 

 

とても幸せな音楽人生だったのではないでしょうか?

 

 

音楽の感動を与えてくれて

 

 

ありがとうございました!!!<(_ _)>

 

 

どうか安らかに

 

 

 以上、ジンジャー・ベイカー氏を追悼させていただきました<(_ _)>

 

 

ではまた

 

 

今回ご紹介したアルバム

これに3曲とも入ってます!!!