ハリネズミの音楽ブログ

音楽を中心に人生を豊かにするアクション!アイテム!などをご紹介しています

ビートルズはなぜ名曲が多いのか?現代だからこそ改めて思うそのセンスに迫る!

f:id:sleepyho:20190110005957j:plain


 

 みなさん、こんにちは!

 

 

 

ハリネズミです

 

 

 

みなさん「Beatles」(ビートルズ)って知ってますか?

 

 

 

「Hey Jude」「All You Need Is Love」「Let It Be」「Yesterday」「Twist And Shout」など…

 

 

 

ホント、挙げたらキリないですけど…

 

 

 

素晴らしい歌たちですよね!

 

 

 

私が子供の頃は、親がビートルズ好きだったみたいで

 

 

 

 よく家で流れていたので自然と聞くようになったんですが、

 

 

 

私ぐらいの世代だと

 

 

 

「泣く子も黙る!」

 

 

 

というぐらいに誰もが知っている存在でした!

 

 

 

何年か前にテレビで

 

 

 

嵐と水卜アナが「ビートルズイントロクイズ」みたいのをやっていたのを見て、

 

 

 

今でも人気なのがとっても嬉しかったんですが、

 

 

 

水卜アナが「私はビートルズ詳しいですよー」といっていたのが逆に…

 

 

 

彼女ぐらいの世代になるとやっぱりビートルズの認知度って下がってるんだなー

 

 

 

と思ってしまいました

 

 

 

私のイメージでは

 

 

 

「誰もが知ってる」みたいなイメージだったので…

 

 

 

だってビートルズって

 

 

 

普通の学習用の英語の辞書にも載ってるんですよ!!!

(ちなみに双璧をなすと言われたローリングストーンズは載っていませんでした)

 

 

 

こんなに伝説的なバンドなのに、活動期間はなんとたったの…

 

 

 

7年間しかありません!!!

 

 

 

選手生命の短いサッカー選手だって、こんなに世界中に感動を与えるのに7年以上はプレーしますよね💧

 

 

少しでも音楽をかじったことがある人なら、

 

 

 

「絶対に影響を受けている!」と言わしめる存在

 

 

 

いやーすごいです

 

 

 

「現代のポピュラーミュージックにおけるすべてのアイデアを先にやりつくしてしまった存在」

 

 

 

ともいわれています!

 

 

 

で、そのアイデアということなんですが、

 

 

 

もちろんビートルズの楽曲の中にはカバー曲もあるんですが、7年間の活動の中で

 

 

 

実に12枚ものアルバムを発表しています!!!

 

 

 

もの凄いハイペースです!

 

 

 

これはつまり…

 

 

 

彼らからあふれ出る音楽のアイデアの多さを物語っているわけなんですが…

 

 

 

これも前に葉加瀬太郎さんがテレビでおっしゃってたんですけど、

 

 

 

モーツァルトの超有名な

 

 

 

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」ってありますよね!

 

 

 

あれっ?これじゃあわかりづらい?

 

 

 

聞けば絶対わかります!

 

 

 

これです!

 


「高音質」もう一度聴きたいモーツァルト アイネ・クライネ・ナハトムジーク・第1楽章

 

 

リンク切れの場合は…

 

 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」で

 

Youtubeコピペお願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 この曲って冒頭の30秒の間に…

 

 

 

3曲は作れるぐらいのアイデアが盛り込まれているそうです!!!

 

 

 

モーツァルトはビートルズ以上かもしれませんが…

 

(モーツァルト1人だし…)

 

 

 

次から次へとアイデアが出てくる天才だったようで…

 

 

 

35年の人生で

 

 

 

活動期間は18年間といわれいますが…

 

 

 

その作曲数がなんと

 

 

 

626曲だそうです!!!

 

 

 

適当なオリジナル鼻歌だって

 

 

 

生涯でそんなに歌いませんよね💧

 

 

 

いやー昔の人ってすごいです💧

 

 

 

でビートルズですが…

 

 

 

彼らの初期のころの楽曲って

 

 

 

「あっこの曲すごくいい曲だなー」と思っても

 

 

 

3分にも満たないで終わってしまう曲が多いんです

 

 

 

でもそれが逆にインパクトになっていて

 

 

 

「もっと聞きたいなー」と思わせる

 

 

 

それは意識してかせずか

 

 

 

「ひとつのアイデアに固執しすぎて間延びさせない」

 

 

 

っていう

 

 

 

ひとつの名曲を生み出す作曲方法だと思うんですよね!

 

 

 

「過ぎたるは及ばざるがごとし」って言いますけど

 

 

 

いくら名曲でもずっと聴いてると飽きますよね💧

 

 

 

たぶん初期のころのビートルズの曲が

 

 

 

1曲5分とかだったら

 

 

 

たぶん聞いてるうちに飽きちゃうと思うんです

 

 

 

アイデア、歌、演奏、アレンジ

 

 

 

そしてそのバランスの絶妙さが

 

 

 

改めて彼らの凄いところだと思います!

 

 

 

一方「Hey Jude」みたいな名曲中の名曲みたいなアイデアでは、がっつり7分の楽曲に仕上げてますしね!

 

 

 

このへんのすべてが合わさって紡ぎだされたマジックが

 

 

 

なんともたとえようのない彼らの素晴らしさだと思うんです!

 

 

 

 ありがとう!!ビートルズ!!!

 

 

 

まあ、もちろんバンド以外の人の助けも多分にあったかと思いますが

 

 

 

そんな私がおすすめのアルバムは

 

 

 

彼らのセカンドアルバムである

 

 

 

「With The Beatles」です!

 

 

 
有名なのは「All My Loving」と「Please Mister Postman」でしょうか?

 


All My Loving (Remastered 2009)

 

 


The Beatles — Please Mr. Postman

 

 

 

みんないい曲なんですが、特に私のお気に入りは

 

 

 

「Till There Was You」という曲で

(ビートルズ作曲じゃないですが…💧)

 

 

 

高校時代に頭の中でかなり頻繁に流れていました!

 


Till There Was You (Remastered 2009)

 

 

 

青春ですね!笑

 

 

 

 

もう一つ「音楽大好き!」という方におすすめなのが

 

 

 

ジャコ・パストリアス・トリオという

 

 

ジャコ・パストリアス(E.Bass)

ハイラム・ブロック(E.Guitar)

ケンウッド・デナード(Drums)

 

 

からなるエレキベースジャズトリオが演奏した

 

 

 

「Beatles」の「Dear Prudence」を

 

 

 

ぜひ聞いてみてください!!!

 

 

 

これです!

 


Jaco Pastorius Trio - Dear Prudence

 

 

 リンク切れの場合は…

 

「jaco pastorius trio dear prudence」でGoogle検索お願いします<(_ _)>

 

 

 

どうですか?

 

 

 

3:20あたりからの盛り上がりが…

 

 

 

もーたまんない!!!笑

 

 

 

「ビートルズの曲でこんなセッションができるんだー」という

 

 

 

驚きの演奏です!

 

 

 

素晴らしいですよ!

 

 

 

これはアルバムごと名盤だと思うんですが

 

 

 

ジャコ・パストリアスの話はまた今度ぜひ!

 

 

 

というわけで今回は

 

 

 

「現代だからこそ改めて思う!Beatles(ビートルズ)の凄いところ!」

 

 

 

というお話でした!

 

 

 

みなさん「これもいいよ!」という音楽あったらぜひ教えてください!

 

 

 

楽しみにしています!

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 今回ご紹介したアルバム

 

ビートルズ

 

 

 ジャコ・パストリアス